旧インプレッションシェア表示項目が予定通り2/4廃止になります(Google AdWords) | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月30日水曜日

旧インプレッションシェア表示項目が予定通り2/4廃止になります(Google AdWords)

AdWords公式ブログ(アメリカ)によると以前にも告知のあったインプレッションシェアレポートの変更ですが、予定通り2月4日(アメリカ時間)に変更となるようです。

詳しいアップグレードはヘルプに詳細に書かれているので、参考にしてみて下さい。

レポートのフォーマットに旧インプレッションシェアの項目を入れている人は2月4日までにフォーマットの変更が必要になります。

以下は復習的な意味でお読み下さい。

11月時点での変更点(ヘルプより)
1.検索とディスプレイに分かれた表示項目(列)。新しい表示項目区分では、検索ネットワークとディスプレイ ネットワークとで、インプレッション シェアが明確に区別されます。 
2.時間帯による分割。時間帯によるデータの分割表示が可能になり、広告カバレッジが 1 日の中でどのように変動しているか調べることができます。 
3.フィルタ、グラフ、ルール。インプレッション シェア指標を使ったフィルタの適用、グラフの参照、自動化ルールの作成が可能になります。 
4.精度。インプレッション シェア データ算出方法の精度が向上しました。


インプレッションシェアの種類(ヘルプより)

検索インプレッション シェア: 検索ネットワークで発生した実際の表示回数を、表示候補となった回数の推定値で割ったものです。
ディスプレイ インプレッション シェア: ディスプレイ ネットワークで発生した実際の表示回数を、表示候補となった回数の推定値で割ったものです。 
検索インプレッション シェア損失率(予算): 予算不足が原因で、検索ネットワークに広告が表示されなかった回数の割合です。このデータは、キャンペーン レベルでのみ確認できます。 
ディスプレイ インプレッション シェア損失率(予算): 予算不足が原因で、ディスプレイ ネットワークに広告が表示されなかった回数の割合です。このデータは、キャンペーン レベルでのみ確認できます。 
検索インプレッション シェア損失率(広告ランク): 広告ランクの低さが原因で、検索ネットワークに広告が表示されなかった回数の割合です。対象期間中に予算が使い果たされた場合、インプレッション シェア損失率(広告ランク)は [広告グループ] タブには表示されませんのでご注意ください。 
ディスプレイ インプレッション シェア損失率(広告ランク): 広告ランクの低さが原因で、ディスプレイ ネットワークに広告が表示されなかった回数の割合です。対象期間中に予算が使い果たされた場合、インプレッション シェア損失率(広告ランク)は [広告グループ] タブには表示されませんのでご注意ください。 
検索での完全一致インプレッション シェア: キーワードと完全に一致する検索による広告の実際の表示回数を、完全一致によって表示される可能性があった回数の推定値で割った割合です。このデータは、検索ネットワークに広告を掲載するキャンペーンと広告グループについてのみ確認できます。

最新の情報に関しては必ずヘルプも確認して下さい。