リマーケティングなどパーソナライズされる広告をオプトアウトする方法【Google版】 | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年6月28日木曜日

リマーケティングなどパーソナライズされる広告をオプトアウトする方法【Google版】

[対象の目安:初級者]

Twitterなどを見ていると「リマーケティングの影響で同じ広告が数日間表示される」などの書き込みが時々見られます。

Googleではオプトアウトの機能も提供しているので、こちらを設定する事でリマーティングなどのターゲティング広告を解除する事が可能です。(しばらくはこのページが無くなったと思ったのですが、いつのまにか復活したようです。)


※たまたま私が検索した際に見つけられなかった可能性もありますが、リンクと手順を残しておく意味でも記事にしたいと思います。


下記のリンクではディスプレイネットワークだけでなく検索広告やGmailのパーソナライズした広告のオプトアウトも可能です。

以下はオプトアウトする画面への行き方です。

オプトアウトはこちらから


私は職業上オプトアウトはしないので、ここから先は試していませんが、最終的には下記の画面からオプトアウトのボタンをクリックするとオプトアウトできるかと思います。




こちらはディスプレイネットワークのオプトアウト画面です。



こちらは検索広告とGmailのパーソナライズされた広告のオプトアウト画面です。
こちらの場合は影響度合もパーセントで表示されます。

最終的にオプトアウトするかどうかは自己責任でお願いしたいのですが、パーソナライズされた広告は「不必要な広告が表示されない」というメリットもあるので、よく検討してからオプトアウトするかどうかの判断をした方がよいかと思います。