日本の広告費2011|ネット広告費は2011年も伸張 | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年2月25日土曜日

日本の広告費2011|ネット広告費は2011年も伸張

つい数日前の話になりますが、毎年電通から発表されている日本の広告費2011が発表されました。

詳細はいろんなところで紹介されていますので確認してみてください。

ネット関連のまとめはここが参考になります。

資料はリンク貼り付けがNGらしいので、「日本の広告費 2011」などのキーワードで検索してODFファイルを探してみてください。

インターネット広告費は8062億円、前年比104.1%
 インターネット広告費についてみると、「媒体費」は6,189億円で、前年比101.8%。うちモバイル広告費1,168億円、検索連動広告費(PC領域のみ)は2,194億円。「制作費」は1,873億円、前年比112.2%となっている。
 2010年に堅調な伸びを示したインターネット広告媒体費は、2011年も伸長を維持していたが、3月の東日本大震災の影響により市場が一部停滞。モバイル広告市場においてはスマートフォン向け広告が拡大する反面、フィーチャー フォン向け広告が縮小したこともあり、市場全体としては前年をやや超える規模に留まった。
 ウェブ(PC)広告は5,021億円で前年比103.0%(検索連動広告を含む)。ウェブ(PC)広告のうち、検索連動広告については震災の影響は軽微に留まり、金融やeコマースなどの業種を中心に堅調に推移して2,194億円、前年比107.8%となった。
スマートフォン向け広告は337億円と急増
 モバイル広告は、1,168億円で前年比97.3%(モバイル検索連動広告を含む)。現時点では、一部の費用はスマートフォン向けのアプリの開発費に流れるなど、従来のフィーチャーフォン向け媒体費が必ずしもスマートフォン向け媒体費にそのまま移行しているとはいえない状況となっている。
 また、スマートフォン向け広告は337億円(うち検索連動広告208億円)と、急増するユーザー数や注目の高まりに応じて急激な拡大をみせた。また、フィーチャーフォンとスマートフォンを合わせたモバイル検索連動広告は463億円(前年比162.5%)となった。
2011年は東日本大震災の影響をうけた業界が結構あります。特に官公庁・団体のテレビ広告費は前年比670%にのぼります。
これは、みなさんも見た事があると思いますが例のCMの影響のようです。(覚えてますか?)




私も地震当日は被災地(実家がある)にいましたが、このCMを見るたびに当時の事を思い出します。(この記憶はずっと忘れてはなりませんね。)

ネット業界に関して言えば、まだまだ伸びは見せておりますが過去の歴史のサイクルを見るとどれを見ても 導入期→成長期→成熟期→衰退期 をたどります。

今現在はネット業界は成熟期に入っているとは思いますが、今後どれくらいの期間成熟期を維持出来るかはYahoo!やGoogle、Facebookやmixiやその他大手ポータルサイトなどがどれだけ魅力的な広告を出せるのかによるのかなと感じております。

もちろん新手のベンチャー企業が出現し、ネット業界を席巻するかもしれずそれはそれで楽しみではあります。