リスティング広告 プロの思考回路を読んだ感想 | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月11日日曜日

リスティング広告 プロの思考回路を読んだ感想

一昨日発売のリスティング広告本「リスティング広告 プロの思考回路」を読んだ感想を書きたいと思います。



この書籍がオススメの人はズバリ、リスティング広告中級者以上です。

アカウント開設方法やキーワード抽出の仕方など初歩の事は書いていないので、これから初めてリスティング広告を行うという方は別な書籍の購入をお勧めします。

私のようなリスティング広告に何年も携わっている人にオススメの書籍になります。

私自身も、リスティング広告のキャリアはそれなりにありますが、全ての業界を担当した事がある訳でもないですし、リスティング広告の知識を全て網羅している訳ではなく、知識のばらつきもあるため、そういった意味では知識が弱いところの補強と未経験の業界の事例を読む事が出来たのはその業界の考え方も含め非常に良い勉強になりました。

参考までにいくつか事例をあげると。。。


  • 掲載順位を1位にして費用対効果が上がる業界と上がらない業界がある。
  • その違いは何か?
  • 掲載順位が何位であろうとCVRは一定だとGoogleは過去に発表したが、業界によっては異なる業界もある。(ちゃんとした理由も解説されています)


こんな事がこの書籍には書かれてあり、非常に勉強になりました。

仮に上記の事例を知りたいもしくは分からない場合は、一読をオススメします。(別に回し者ではないですよ)