ページ上部表示の推定入札単価 で競合の入札状況を推測|Google Adwords | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年9月6日火曜日

ページ上部表示の推定入札単価 で競合の入札状況を推測|Google Adwords

公式ブログでもアナウンスされていますが、Adwordsの管理画面で「ページ上部表示の推定入札単価」が管理画面で確認出来るようになりました。

これはいわゆる自然検索と同じ列に表示される広告になります。


現在のところ最大で3つまで広告が掲載されるので、3つ表示される場合は3つの平均単価1つの場合はその広告主の単価になっているかと思います。

しばらくはテスト的に単価を調整してくる広告主もいると思うので、入札単価が高騰しそうではありますが、ある程度期間が経過すればまた落ちつくのでは無いかと推測しています。

ただ、今後こういったデータが提供される事で入札単価の調整がよりシビアになってくるでしょう。

ただ、こういったものが重要視されると初心者にはデータ活用方法が分からない部分もあるので新規参入がますます難しくなってきそうな感じもします。

私たち代理店もより分かりやすく説明をする義務があるなと思います。(Googleがベストプラクティスを提供してくれるのが最も理想ではありますが)

「ページ上部表示の推定入札単価」の管理画面表示方法

管理画面にログインをしたら、ロゴ下にあるキャンペーンタブをクリック


今度はキーワードタブをクリックして、その後、表示項目タブをクリック



表示項目の選択画面が表示されたら、下記赤枠で囲まれた項目にチェックを入れて、保存ボタンをクリック

これで、「ページ上部表示の推定入札単価」の表示は完了です。