スプリットランとは?|SEM用語集 | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月15日月曜日

スプリットランとは?|SEM用語集

スプリットラン(Split Run)とは2つ以上のもの(例えば広告文やキーワードなど)を配信し、どちらが広告効果を高いかを検証することをいいます。別な呼び方でABテストと呼ぶのも同じ意味です。

リスティング広告でいえば、広告文をスプリットランすることが多く、Aの広告文とBの広告文でどちらの方がクリック率が高いか、あるいはどちらの方がコンバージョン率が高いかなどを検証するときに使う手法です。

リスティング広告でスプリットランを行う場合は、AとBの2パターンを検証する場合は、広告の配信比率を均等(A:50%•B:50%)になるように配信をすることが多いです。

そうすることで、同じくらいの表示回数でAとBのどちらがクリック数が多いかを比較したりします。

この均等に配信する設定はYahoo!リスティングとGoogle Adwordsの両方で簡単に設定する事が可能です。

Yahoo!リスティングの場合:

Yahoo!リスティングにログイン → キャンペーンタブをクリック → キャンペーン1つ選択 → 広告グループ1つ選択 → 広告グループ設定をクリック → 広告グループの「広告表示の最適化」をオフにする

Google Adwordsの場合:
Adwords管理画面にログイン → キャンペーンを1つ選択 → 設定タブをクリック → 広告掲載: 広告のローテーション、フリークエンシー キャップをクリック → 広告のローテーションを「ローテーション(オークション)」を選択

以上で、均等に配信することが可能です。

検証する時にはしっかりと目標を決めて、検証期間後は検証結果をアカウントに反映させてください。

※ただし、完全に均等には配信することはないです。多少の数値のずれは発生します。