インタレストカテゴリのメリット | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月23日火曜日

インタレストカテゴリのメリット

インタレストカテゴリを利用する際は下記の目的の場合、その効果を出す事が可能です。
自分自身もまだまだ検証段階なのですが、現時点でのAdwordsが提唱するメリットとその見解を記しておきます。
ブランドや商品の認知度を高め、ウェブサイトへのトラフィックを増やす1,000 を超える既定のインタレスト カテゴリのいずれかに関心を寄せる何億人ものユーザーに向けて広告を毎日掲載できます。インタレスト カテゴリを使用した広告では、選択したカテゴリに関連付けられたユーザーに対し、これらのカテゴリとの関連性が低いとみられるウェブサイトにアクセスしている場合でもアプローチすることが可能です。
Google ディスプレイ ネットワーク全体でユーザーにアプローチできるだけでなく、ユーザーが現在アクセスしているページと Cookie に基づき、入札単価がリアルタイムで自動調整されるため、キャンペーンの掲載結果を改善できます。なお、この入札単価最適化機能は、クリック単価制のキャンペーンでのみご利用いただけます。

キャンペーンでインタレスト カテゴリを使用すると、リマーケティング リストのユーザーを見つけるのにも役立ちます。たとえば、広告をクリックした後にサイトにアクセスしたユーザーをリマーケティング リストに追加でき、これらのユーザーがディスプレイ ネットワークのサイトにアクセスしている間は広告を表示することができます。
インタレストカテゴリはGoogleのネットワークの中から既に絞られたユーザーにアプローチしているため、ここで誘導したユーザーはそのままリマーケティング対象の濃いユーザーになる可能性が高いです。

リマーケティングを使用しているのであれば、インタレストカテゴリを活用してリマーケティングユーザーを増やすようにするのがよいと思います。


キーワード、プレースメント、またはトピック ターゲットを既に使用している既存のキャンペーンのリーチまたはフリークエンシーを高める
たとえば、車の購入を検討しているユーザーにアプローチする場合、自動車販売に関するウェブサイトに広告を掲載すると、「フード、ドリンク」といった他のトピックに関連しているサイトに掲載するより費用がかさむことがほとんどです。こうした場合、インタレスト カテゴリを使用すると、車に関心のあるユーザーが車とは関係のないページにアクセスしているときでもアプローチできます。つまり、広告主様は費用を抑えながら、幅広いユーザーにアプローチし、クリック数や売り上げの増加を達成できるようになります。
キーワードやプレースメントで個別にアプローチする場合、関係ないジャンルやキーワードを設定しても広告の表示回数は思うように出ないか、出たとしてもCPCが高かったりします。これは品質スコアが低いためで、これもインタレストカテゴリであれば、Google Adwordsのヘルプを見る限り安い単価で見込みユーザーと接触出来るようです。


特定のインタレスト カテゴリに合わせて広告と入札単価を調整する
たとえば、自動車のウェブサイトで車の購入を検討しているユーザーにアプローチするとします。車をただ紹介するだけでも幅広いユーザーにアピールできますが、中には特定の広告に強く引き付けられるユーザーもいます。さらに、購入に対する意欲はユーザーによって異なります。
こうした場合、インタレスト カテゴリを使用すると、以前にビデオゲームに関するウェブサイトにアクセスしたユーザーに対しては、インタラクティブなリッチメディア広告を表示することができます。同様に、自動車のウェブサイトにアクセスしたユーザーが育児に関心を寄せている場合は、ファミリーを対象としたライフスタイルと車のブランドと関連付けたイメージ広告を掲載することも有効な方法です。育児に関連するウェブサイトを閲覧するユーザーが一般的な自動車のウェブサイトの訪問者よりも車を購入する割合が 30 % 高いと考えられる場合は、車のウェブサイトの訪問者のうち、育児に関心があるユーザーの入札単価を 30 % 引き上げると効果的です。
これが最も理解に苦しみましたが、このようなことをするためには広告グループをインタレストカテゴリ毎に分ける必要があると思います。
入札単価は1つの広告グループに複数のインタレストカテゴリがあっても調整可能ですが、広告をインタレストカテゴリ毎に使い分けるのは、広告グループを分ける必要があるのでは?と思います。
同じ広告グループ内で広告をカテゴリ毎に切り替える方法(設定)があれば、ブログに書きたいと思います。