代理店に依頼するメリットとデメリット | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月8日日曜日

代理店に依頼するメリットとデメリット

リスティング広告の管理と運用を代理店にお願いすると広告費の他に手数料が取られます。

それなのに何故、企業は手数料を払ってまで広告代理店に依頼をするのでしょうか?


ここでは代理店に依頼するメリットとデメリットをまとめました。

■代理店に依頼するメリット
•広告出稿などの作業の手間がかからないので、本業に専念できる
•リスティング広告の知識やノウハウが豊富
•広告料金を請求書で支払いできる

■代理店に依頼するデメリット
•広告費の他に手数料がかかる
•自社にノウハウが貯まらない
•作業の手間がかかるため本業がおろそかになる


代理店に依頼する一番のメリットは本業に専念できるということではないでしょうか?

例えばネットショップを運営している企業の場合、自社でリスティング広告を行なっていた場合、広告文の変更やキーワード追加などを自分達で行わなくてはならず、本業の時間(例えば仕入れの時間、顧客対応の時間など)が犠牲になるかとおもいます。

これを代理店側から任せることで、本業に時間を割くことが可能になります。

もう1つのメリットである知識やノウハウですがこれは代理店であれば、管理画面の使い方や機能は知っていて当然ですが、同業界のみならず他業界のリスティング成功事例を聞くことも可能なので、この点は自社運用には無いメリットだと思います。

代理店に依頼をしようかどうか迷っている場合、上記のメリットとデメリットを天秤にかけて検討するとよいかもしれません。