Google検索とYahoo!検索の相違点 まとめ (2010年12月3日版) | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月5日日曜日

Google検索とYahoo!検索の相違点 まとめ (2010年12月3日版)

GoogleとYahoo!の検索エンジンが提携という結果になりましたが、はたして検索結果は同じになっているのでしょうか。今回はこちらの記事を参考に両社の検索エンジンの相違点を比較してまとめました。(重要だと思うところは赤字にしました。)


---------------------------------------------------------------------------------

■ キーワード入力補助(Googleオートコンプリート)
両社それぞれ独自の機能を搭載。当然ながら同じ検索クエリを入力中でも異なる候補を表示する。Yahoo! JAPAN は一部の業者により不正操作されすぎ。Googleは検索数やトレンド、ワード属性、CGMのクローリングなどを組み合わせている。関連検索(その他のキーワード)も然り。

■ 地域系クエリにおけるプレイス検索との統合
Yahoo! JAPAN 側では行われていない。両社の提携は「ウェブ、画像、動画、モバイル」なので、ローカル検索は対象範囲外。

■ 過去の検索履歴によるパーソナライズ検索(クッキー/ログイン)
いずれもGoogleのみ。検索技術にGoogleを採用している検索サービスで、(Googleの)パーソナライズ検索が搭載されているものは世界を見てもありません。ちなみに米Yahoo! Search のエンジニアたちはパーソナライズ検索に消極的な意見をたびたびインタビューなどで公言していたが、日本がどう考えているか不明。

■ ロケーション(位置情報)によるパーソナライズ
たとえば神奈川県横浜市内のIPアドレスから検索した時に、横浜市内の情報を優先表示する機能。Yahoo! JAPAN側では確認できなかった。あらかじめ検索位置情報を追加する機能もYahoo! JAPAN側にない模様。

■ ユニバーサル検索(画像、ウェブ、地図、動画などの混在表示)
Yahoo! JAPAN も同等の機能を従来から提供(ブレンド検索)していますが、表示するコンテンツは自社の各プロパティ。これらコンテンツはポータルサイトとして成長してきたYahoo! JAPAN の重要な、そして差別化要因となる財産ですから、戦略的にこうするのは合理的。

■ 検索ツール
コンテンツの種類や時間軸など様々な軸で検索対象を絞り込む機能。Googleのみ。(関連:Google、「検索ツール」を提供開始)

■ スター(☆印)機能
SearchWikiの廃止に伴って追加された機能で、お気に入りブックマークのようなもの(関連:グーグル、ウェブ検索結果から「お気に入り」登録できるスター機能を追加)。ところでGoogleのスターを活用している人ってどれくらいいるんでしょう?

■ リアルタイム検索 (※ TwitterやFacebookの最新投稿を表示する機能として)
リアルタイム検索はGoogleのみ、現時点で Yahoo! JAPAN 側で確認できず。(将来的には、Yahoo! JAPAN も何らかの形で取り組んでいくのではないでしょうか?いまのトレンド考えると)

■ ソーシャル検索
ソーシャル検索TwitterやRSSフィード購読先、Gmailコンタクトリストなどからソーシャルサークル(ソーシャルグラフ)を構築して、友人・知人の作成したコンテンツを自然検索結果に表示する機能。日本版はまだ提供されていないが、Googleアカウントと紐付いている機能であるから、Yahoo! JAPAN側に提供される可能性は低い。

■ QDF(ホットな話題のキーワードで検索した時に最新ページを優先表示する機能)
Yahoo! JAPAN 側では12月から確認できた。ちなみに同じGoogleを採用していてもBIGLOBEはQDF相当がないので、最新ニュースに関するクエリで検索しても、最新ページが上位に優先表示されることはない(2010年12月2日時点)。cf. 2010年12月4日7時30分時点で「ヤクルト身売り」と検索したときの、Google/Yahoo!と、BIGLOBE/gooの比較など

■ 法的要請によりGoogleが削除したページの扱い
Googleで非表示だがYahoo! JAPAN 側で表示されるケースを確認。この場合は、検索結果ページに11件のウェブページが掲載されることになる模様(確認事例1件)。検索結果から除外されている場合に、Google同様にその旨を表示するかどうかの事実確認はできなかった。

■ ○○○(ドメイン名)のその他の検索結果を表示する
検索クエリと合致するコンテンツが同ドメイン内に複数存在した場合に表示されるリンク。クリックすると展開されてウェブページが数件追加表示される。Yahoo! JAPAN では確認できず。

■ 「類似ページ」
ヒットしたページと類似するコンテンツが存在した時に表示されるリンク。Yahoo! JAPAN 側では確認できず

■ サイトリンク
Yahoo! JAPAN、Google両者で確認。表示される情報も同一。

■ ワンラインサイトリンク
Yahoo! JAPANでは確認できず。

■ インスタントプレビュー
Googleが2010年11月より提供開始した、リンク先ページ全体のサムネイルを表示する機能。Yahoo! JAPAN 自然検索結果には搭載されていない(関連:Google、「インスタントプレビュー」提供開始)

■ Googleインスタント検索
2010年9月より米国で開始された入力中の文字列からクエリを予測して検索結果を自動的に表示する機能。12月3日時点で日本版は提供されていないが、仮にGoogleで開始されてもYahoo! JAPAN側には搭載されないと思われる。UIに関わる部分なので、Yahoo! JAPAN がもっと良いと考える形の機能が出てくる可能性あり。

■ ウェブページの地域属性表示
ウェブサイトが対象としている国・地域を表示する機能(e.g. Googleで「AOL」と検索した時に、米AOLのサイトのURL欄に「アメリカ合衆国」と表示)。Yahoo! JAPAN側では確認できず。

■ サーチスニペット
検索クエリに言及する文章が書いてあるセクションに直接アクセスできるように、スニペット(説明文)内にリンクを表示する機能。Yahoo! JAPAN側では確認できず。なお、Googleにて、以前と比べ文章先頭にショートカットリンクが掲載される確率ががくんと減った印象。

■ URL欄にサイト階層(パンくず)を表示する機能
URL欄に › 海外旅行 › アジア旅行  といった具合に、リンク先ページのサイト内における位置をパンくずで階層表示する機能。Yahoo! JAPAN側では確認できず(「旅行 サンフランシスコ」といったキーワードで目視確認)。

■ 検索結果のインデント表示
Googleはなし、Yahoo! JAPANはあり(というか、いつからGoogleはインデント表示しなくなったのでしょうか?)

■ 同一ドメインから検索結果1ページあたり最大4件表示
検索クエリが特定ドメインと深く関連している時の表示ルールでGoogleが比較的最近追加した変更点。Yahoo! JAPAN でも確認できた。

■ 関連検索として表示する「お店」「ブランド」「種類」の表示
Googleは関連検索として表示する項目も拡張しているが、Yahoo! JAPAN 側で相当する機能はない。UIに関わる部分はYahoo! JAPAN側が独自に開発すると考えられる。

■ リッチスニペット
Yahoo! JAPAN側で確認できず。米国では、従来のSearchMonkeyの実装はやめるが同様の機能(=検索結果を優れた、便利なものにする)は考えているそうなので、日本でもそういうアプローチで今後登場する可能性あり。繰り返しになりますが、UIは Yahoo! JAPAN 側がコントロールしていくことで、独自性を出す。

■ 掲示板などの、スレッドタイトルをスニペット下に複数表示する機能
該当するGoogleの機能名称を忘れた。フォーラムや掲示板などがヒットした時に、クエリと関連するスレッドタイトルを複数個検索結果に表示する機能。Yahoo! JAPAN側では確認できず。

■ Yahoo!カテゴリ登録サイトのランキング上の取り扱い
Googleの自然検索ランキングが基本的にそのまま反映されているので、Yahoo!カテゴリ登録がランキングで優遇される証拠は見つからない。

(以上、すべて2010年12月3日15時時点の画面で目視確認)

■ 最後に
仕事で検索マーケティングに携わっている方々のために、あえて相違点を出したわけですが、一般人にとってはどうでもいいことです。たとえば「AKB48」と検索してGoogleとYahoo!検索を比較すると、普通の人には、とても同じ検索エンジンを利用している画面とは思えないわけでして(自然検索だけで数えて見るのは業界の人だけですw)、このままGoogleとYahoo! JAPANが裏で結託せず、それぞれ独自の検索体験を作ろうとサービスを争っていけばいいんじゃないでしょうか。まぁ、検索市場という切り口において独占禁止法的に問題がなくても「情報の一極集中」は脅威ではあるのですが、しかしカウンター(代案)はないですし。Bing や NAVER、バイドゥにはもうちょっとがんばってほしいですね。

----------------------------------------------------------------------------------




オーガニックの検索結果がほぼ同一であってもこうして項目を挙げてみると結構な数の相違があります。UI(ユーザーインターフェイス)の違いから相違が生まれる項目については両社とも独自に開発をすすめていくとは思いますが、機能でどちらかが劣っている(ユーザー視点からみてあると便利な機能)に関しては今後同じような機能を搭載していくのかもしれません。


一番最初の項目:キーワード入力補助(Googleオートコンプリート)ですが、これは本当にスパムがひどいですね。Yahoo!側でも取り組みをしてくれてはいるものの、いたちごっこな感じです。

このスパム排除もGoogleとの提携によって改善できるようになるといいですね。


今後も両社の提携によってどのような動きを見せるのか、両社に注目していかなければなりません。