効果的なキーワード抽出方法 | リスティング広告相談所  

This page has found a new home

Blogger 301 Redirect Plugin
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月23日火曜日

効果的なキーワード抽出方法

リスティング広告の要となるのはキーワードです。
設定するキーワードを誤ってしまうと、見込み客を逃してしまうばかりか、意図しないユーザーのクリックが発生してしまい、思わぬコストが発生してしまう場合があります。

この様な最悪の事態を避けるため、最適なキーワードを抽出する必要があります。

GoogleAdwordsでは、各クライアントに最適なキーワードが抽出出来る様に、キーワードツールを無償で提供しています。

実際に検索されているキーワードが抽出されるので、その中から見込み客が居そうなキーワードをピックアップして、広告を設定していきましょう。

GoogleAdwordsキーワードツール


1、訪問してくるユーザーの立場になって考える

あなたの商品を求めてくるユーザーはどんなキーワードで検索しているのかの仮定を立ててキーワードを抽出します。

例えば、あなたが花屋さんの通販サイトで花を売りたいとして、母の日にバラをプレゼントしたい人はどのようなキーワードを検索するでしょうか。

「母の日 バラ」「バラ 通販」「バラ プレゼント」など色々とあると思います。

その様なキーワードをツールで調べて、ピックアップしていきましょう。

そうすることで、生きたキーワードのリストを作成することが出来ます。


2、一般的すぎるキーワードは極力避ける

一般に言うビッグワードは検索するユーザーの探している情報が多岐に渡りすぎるため、予算に余裕が無い場合は避けた方が無難です。

例えば、「花」というキーワードの場合、通販したいユーザーも含まれてはいるものの、他にも花のお手入れ方法を知りたい人など、探している情報がバラバラです。

それであれば「花 通販」というキーワードの方がよりユーザーが絞り込まれているため、成果も高くなる可能性が高くなるという訳です。


3、定期的にクエリワードをチェックする

キーワードを部分一致やフレーズ一致で広告を出稿した場合、クエリの部分が何のワードだったかをレポートで見る事が可能です。
実際に検索されたキーワードなので、そのキーワードがあなたの意図したものであれば、登録をし、意図しないものであれば、除外キーワード設定をしましょう。
このサイクルを繰り返して行く事によって、意図したユーザーへの広告出稿精度が高まっていきます。